2016年に戻る
  2017年 冬号 No.108 編集室だより
 星田 宏司
10月6日(金)〜7日(土)にかけ、UCCコーヒー博物館開設30周年記念行事に参加した。


思い起こせば、今から30年前の10月1日、博物館開館記念集会に参加し、啓発されたことが「珈琲とと文化」を発行する一要因にもなったのである。

■お酒の飲めない私は、高校時代から、喫茶店に興味を持ち、大学時代には、喫茶店やコ一ヒーについて書かれた本の収集にもつとめてきた。その過程で、珈琲研究家の伊藤博氏(故人)と知り合い、今では稀覯本となってしまった『別誹豆本』を14冊出版した。

そんな活動が注目されたのか、「喫茶店経営」や「喫茶&スナック」誌の取材を受けたりした。

そんなある日、伊藤氏から、「日本のコ−ヒ一略史」を書いてみないかと誘われ、自信がなかったのだが(本を集めるだけで、体系的に文章を書くことと、もともと文章を書くことが苦手だったから)、再度のお誘いに応じ、おそるおそるまとめた文章が、ムック本に、署名入りで掲載され、ある程度の好評を受け、ホットしたものである。

■その後、今はなき業界紙「茶と珈琲」に、「世界と日本のコ−ヒ一こぼれ話」を、同誌が廃刊されるまで連載した。同誌に、喫茶店経営について書かれていたのが、柄沢和雄氏(故人)であった。

話を戻すと前記のムック誌にUCC上島珈琲が「コーヒー博物館」を建設するとの予告記事が出ていた。興味を抱いた私は、初代館長になられた、責任者である諸岡博熊氏(故人)にお会いして、話しを聞かせていただいた。

コーヒーについての「博物館」を作るという、文化性に魅かれたのである。そして、その後、博物館が完成し、記念集会が開催され、私も参加した。

■あれから30年たち、私も本誌を発刊し、皆様の協力のおかげでこうして108号も出せるようになるなど、夢のまた夢のようであるが、その博物館の30周年にはどうしても参加したかった。

その催しの中に「日本コーヒー文化学会」の活動でもご一緒し、本誌の特集も担当していただいている、井谷善恵氏の講演があったので、この日の参加となった。
  UCCグループは、この30周年を機に、さらなるコーヒー文化の創造に挑戦する、「NEXT COFFEE CULTURE」を発表した。(本誌54頁参照)

■10月6日(金)
には、芦屋市にある「芦屋珈琲舎」にて、代表の平田清子様とお会いした。芦屋市に、落ち着いてコーヒーを飲める店を欲しいと開設した話や、絵画、ランボー、コーヒーと文化など、話はつきなかったが、本誌にも協賛いただけることになった。

 TETさんのブログより転載

■10月は、私の所属する「中野区フォークダンス連盟」の行事のための練習や1泊2日の懇親旅行などもあり、こちらの活動に時間を取られることが多かった。

11月4日(土)〜5日(日)は「日本社会学会大会」で小社が出版している社会学書と、年1回発行の「社会学史研究」、そして私の集めた社会学書(明治から現代までの古書)販売のため、東京大学に出向く。

多くの社会学者とのふれ合いや、毎年楽しみに来てくれる先生や大学院生、また、出店している出版社の社長や担当者との交流も、楽しみの一つである。さらに、全国各地の大学で開催されるので、それぞれの大学の雰囲気というか個性も知れる。

合間に、構内を歩いてみた。広びろとした芝生の庭は、近所の親子連れや、乳母車に子供を乗せて散策している人、併設の喫茶店でコーヒーを飲む人など、地域に開放され愛されている様子も見られ、心なごんだりした。

11月26日(日)には、金沢大学主催(代表・広瀬幸雄名誉教授)の「公開講座コーヒー学入門」を、サザコーヒーと茨城大学の協力で開講、司会進行を担当した。

また、その間、本誌の姉妹誌である「四季の珈琲」45号の編集、12月3日(日)「日本コーヒーー文化学会年次集会」に合わせて作製する年報「コーヒー文化研究」24号の編集・製作、そしてそのまま本誌108号の編集と忙殺された。
珈琲と文化No.108号より転載

   2017年 秋号 No.107 編集室だより
 星田 宏司

6月25日(日) 日本コーヒー文化学会茨城支部主催の「第26回水戸でコーヒーを楽しむ会」(会場・常陽塾文センター)に、広瀬幸雄氏、狭間寛氏、井谷善意氏と一緒に参加。

■当日は、県内のコーヒー愛好家約230名が参加。茨城大学准教授・清水恵美子氏による「岡倉天心はコーヒーを飲んだか」という興味深い講演、県内のメーカー各社及び自家焙煎珈琲店13社の協力の「ブラジル産コーヒー」飲み比べ、茨城大学ジャズ研サークルの生演奏を楽しんだ。

帰りには、水戸駅にある「サザコーヒー」の店で、おいしいコーヒーとケーキを食しながら、4人で談笑した。

■サザコーヒーといえば、毎年、「ベスト・オブ・パナマ」で行われる「ゲイシャコーヒー」のオークションに参加し、落札することで有名であるが、今年(2017)7月19日に開かれた「パナマコーヒー品評会」のインターネットオークションで、3部門で優勝したコーヒーを最高値で落札した。これで9年連続の落札になる。ベスト・オブ・パナマ 2017 オークションロット カッピング会 ホームページより転載

■またサザコーヒー直営の「コロンビアサザ農園」で収穫されたコーヒー豆が、コロンビア・カウカ県FNC(コーヒー生産者連合会)が主催した品評会(8月5日)で、90.31の最高点を獲得し「優勝」を決めた。出品は32農園で、直営農園開設19年目の快挙といえよう。 
  9月28日(木)には、日本コーヒー文化学会と阪急デパート主催、ヒロコーヒー協力の「大阪でコーヒーを楽しむ会」で、4年連続で司会を担当した。

この会は、JICAの協力で、各国のコーヒー生産者が直接、日本の消費者と対話して意見を交換すると共に、各国のコーヒーを試飲できるという、楽しい催しであった。



■さて、本号では、吉祥寺「もか」店主・標交紀著『珈琲の旅』を復刻発刊したことから、その本文の一部を紹介しながら、なぜ私が復刻を行ったかの「復刻版発行に際して」を掲載したものである。

標さんの、グイグイと人を引き込む文章力はすごいと思う。そして、その真摯にコーヒーを追究する姿には、ただ頭が下がる。さらにあの名店「もか」の雰囲気とコーヒーの昧を、懐かしく思い出す。

今にして思えば、「もか」で、標さんを始め、矢島文夫先生たちと話し合ったことから始まった、この季刊誌「珈琲と文化」だから、今でも、皆さまに読んでいただけるのかも知れない。

いま連載してくれている「猿渡重達」氏も「椚山義次」氏も、この「もか」の常連であった人である。読者の多くの方も、そうであったことと思う。

そんなことから、今回、復刊したわけであるが、どうぞ一人でも多くの方に読んでいただければ幸いである。

珈琲と文化No.107号より転載 
  2017年 夏号 No.106 編集室だより
  星田 宏司

■前号で掲載できなかった 「森光宗男氏追悼」の(下)を、掲載しました。「カフェ・ド・ランブル」主人・関口一郎氏との対談ですが、参考になる問 題点に触れ、貴重です。

また 「森光宗男メモリアルコンサート」が、今年の11月6日(月)、福岡市の「あいれふホール」で、18時30分〜20時30分まで開催されます。

主催は、「森光宗男メモリアルコンサート実行委員会」(事務局・珈琲実美内、代表田中忠一・電話090-8831-6024)。入場料3,000円。
  ■昨年から企画していた「シアトル・カフェツアー」、何度かの打合せの末、4月20日〜25日、4泊6日で、総勢15名で行った。その参加者の「ヒロコーヒー」山本光弘代表に、紀行文を寄せていただいた。

自家焙煎の方々にとっては、収穫の多い研修ツアーだったようで、一安心。私も4回目の鄭永慶の墓参であった。 
↑スターバックス Reserve & Roastery外観
↓シアトル、Lake View Cemeteryにある鄭永慶の
墓標で墓参り後写真撮影

■昭和22年に、新宿で開業し、多くの文化人に愛されながら、創業者・五味氏の逝去によって、昭和56(1981)年に閉店した「茶房・青蛾」が、創業70年に当たり、娘の美里さんにより、東中野で再開された。
テーブル・椅子・器をはじめ、懐かしい青蛾の調度品を使用。珈琲は自家焙煎ネルドリップで、内田牧氏が担当。営業時間は、11時から20時。毎週月曜日および毎月最終日曜日は休み。場所は、東京都中野区東中野2−19−13(03-6279-3055)。JR東中野西口(地下鉄大江戸線も同じ)から約6分。
All About誌より転載

■東中野は、昭和初期、文化人が多く住んでいたためか、喫茶店が多くあった地区でもある。そして戦後も、作家の丹羽文雄氏が主宰した「文学者」の仲間や、35年前後の第一次安保闘争の時、社会学者の清水幾人郎氏・久野収氏などを中心とした学者・文化人が会合した「モナミ」が有名であった。

この「モナミ」、本店は銀座で、新宿にもあったと書かれたものがあるが、私は、新宿店というのは、この東中野店のことではないかと思っている。いずれ、この店のことも調べたいが、何しろ資料不足である。お分かりの方がいたら、お知らせ下さい。
   
■4月10日(日)
 森光宗男さんの、東京での「偲ぶ会」に参加。ランプルの関口さんの発案で、私とアジューダの繁田武之さん、富士珈機の福島達男社長の呼びかけで、森光充子さんも福岡から来られ、森光さんの思い出、「ネルッコ」開発秘話など、20名の参加者がそれぞれ話された。


■4月13日(木) この日は「喫茶店の日」で、その根拠となった、日本最初の喫茶店「可否茶館」の開業日である。私も幹事をつとめる「可否茶館記念会」では、跡地近くにある「シャンズカフェ」で、毎年、この日に集会を開いて親睦を深めている。


■5月26日(金) ランブルの関口一郎さんの満103歳(数え104歳)の誕生会を、銀座の「天国」で行う。 コーヒー関係者とパイプクラブ関係者20名の出席。


■前号のこの欄で記した「日本のフォークダンス」の通史、何とかまとめ、好評をいただき、調べた甲斐を実感。


昨年出版した、吉祥寺「もか」店主標交紀氏の『苦味礼讃』につづいて、8月末に現在入手不可能な、標氏の『珈琲の旅』を復刻出版する準備中である。

珈琲と文化No.106号より転載
 2017年 春号 No.105 編集室だより
 星田 宏司

■本号に掲載予定の「森光宗男氏追悼」の(下)は、誌面の都合で、次号送りになりました。

■その「森光宗男氏を偲ぶ会」を前頁に案内したように、4月10日、東京で行うことになり、私も発起人の一人としてたずさわります。そのほかの発起人は、関口一郎(カフェ・ド・ランプル)、福島達男(富士蜘機)、繁田武之(アジューダ)の各氏です。森光さんの奥様もお出になります。

参加希望の方は、会場の都合上、事前にお知らせ下さい。電話・FAX03-3209-7692 いなほ書房まで。

■今年の1月には、本号32頁から掲載した、後藤氏の報告にもあるように、国立大学「東京工業大学」において「コーヒーの科学」と題した社会人アカデミー講座が開催され、私もその中の「コーヒーの文化史」を担当した。

■この講座は、1月21日(土)から、毎週土曜日に5回連続で行われたもので、参加者23名。熱心に聴講され、質問も活発になされるなど、大変、有意義な内容のものであった。

■この講座に、本誌を購読している、福島県郡山市の「珈排ギャラリー」(郡山市1−28、電話024-961-5671 代表の中矢美枝子さんが参加されていた。
 珈琲ギャラリーのHPより転載

■午前10時30分からの開講なので、お聞きしたら、朝一番の新幹線で来られたと言うので、その熱意と、さらに、コーヒーについてもっと知りたいから参加したという探究心に、感心させられた。講座の最終回には、「これで終りになるかと思うと、名残おしいし、少し淋しい」とも話されていた。
  ■その中矢さんが、大正期に「カフェーパウリスタ」にも通い、珈琲のエッセイも残している、郡山出身の文学者・久米正雄氏が飲んでいた「コーヒー」を文献から再硯し、試行錯誤の上、このたび「三汀珈琲」として完成させた。三汀とは、久米氏の俳号。

■中矢さんは、次のように書いている。「名だたる文豪・文化人は大正時代から珈琲に親しんだと、沢山の著書に書かれています。珈琲ギャラリーでは、郡山市ゆかりの「久米正雄」先生が書いた、モダンで「微苦笑」な風味に仕上げた1杯。「お好きな本を片手に、久米先生と珈琲の話をしませう」

■私も、いただいたブレンド豆をさっそくドリップして飲んでみた。クセがなく、スーと通るのどごしに、皆様に紹介したくなりました。

 珈琲ギャラリーのHPより転載


■2月〜3月初めには、「日本コーヒー文化学ニュース」71号の編集製作と共に、5月4日に開催される、私も所属している 「中野区フォークダンス連盟70周年記念パーティー」に記念として差し上げる、70周年記念誌「踊りつないで70年」 の編集を同時進行。

■私も高校2年の時から踊りつづけて57年、今でも運営に関わっているが、今までに「日本のフォークダンスの歴史一を通してまとめた記事がないので、個人的に集めた文献のほかに、多々調 べることがあり、何度も「国会図書館」に通っている。

■といっても、この2週間は、本誌発行にとりかかって、それも中断。4月20日からは、「シアトル・カフェ巡りツアー」に出かける世話役の仕事もあり、その前までに記事も完成させなければならないが、はたしてどんな仕上がりになるやら。

珈琲と文化No.106号より転載
 
   
 2016年 冬号 No.104 編集室だより
 星田 宏司

■UCCホールディングスのグループ代表で、代表取締役会長の上島達司氏は、12月5日にフランス共和国より、「農事功労賞シュワァリエ」を受章した。

今回の叙勲は、20世紀前半に生産が途絶えた、幻のコーヒー「ブルボンポワントゥ」の復活、グループ事業会社「UCC COFFEE FRANCE SAS」の、仏市場での事業展開(コーヒーの製造・販売等)の功績が評価されたもの。

同賞は、仏農産物の対外輸出や外国市場での販売促進、及び仏食文化の普及に貢献した功労者に授与するもので、1883年に創設された。


■キャピタル株式会社・栗田鏡子社長は、伊勢丹新宿店本館で開催(会期11月9〜14日)された、「マイカップ オブ フェイバー コーヒーと物語り〜)」に出展、東京都小笠原村の農園主・山野雄介さんを講師に招いて、コーヒースクールを開会した。

 コーヒー栽培を目指し、2004年に父島へ移住した山野さん(37歳)は、11年に念願の農園とカフェ「USK Coffee」を開業。当日は、ボニンアイランド(父島) での生産事情と、今後の課題について語った。

Bonin islandは、米国統治時代の地名。その父島は、東京から1000km南の北緯27度に位置する。人口は約2500人。亜熱帯気候で、5年前に、ユネスコの世界自然遺産に登録された。
  小笠原諸島は、日本のコーヒー栽培発祥地として、1878年に明治政府の指導で試験栽培が始まった。返還後の72年から、コーヒー栽培も復活し、現在4〜5名が生産を手掛けている。

山野さんは、20歳で名古屋の呆焙煎工場に勤めて以来、コーヒーに関心を持った。25歳で移住、当初は森本智道農園で働き、その後、借地で栽培を始めたが、「台風以上に害獣(野生ヤギ)との攻防が困難を極めた」と振り返る。また毎年のように襲来する台風は成すすべなく、待望の初収穫も、壊滅的な被害を受けた。

こうした中、日本の生産者として、10年に開催された「ハワイ島コナコーヒー・フェスティパル」の参加を機に、ナチュラル・プロセスヘの転換を悟る。「ウォッシュは、たしかに美味いし、飲み易く、クセもないが、もの足りない。ナチュラルは甘み、香り、昧の全てはアップする。けれども問題は小笠原の天候」と試行錯誤しながら、屋根付乾燥場等を導入した。

一方カフェの営業は、今年で6年目を迎えた。現在はライブや写一具展、ワークショップ、ファーマーズマーケットなどイベント開催で、「コミュニティスペースを展開し、小笠原にコーヒー文化を作る」 ことを目的としている。

最後に、今後取り組む課題として、
@収量アップ、A小笠原コーヒー全体の品質確立(生産性と加工技術の向上)、B次世代コーヒープァーマーの育成−を塗丁げるとともに「日本のコーヒー生産の最後のフロンティアになる」と力説して講演を締め括った。 


 2016年 冬号 No.104 編集室便り 
 星田 宏司
10月1日(土) コーヒーの日に、徳島市の「COFFEE WORKS」(小原博社長)の協力で、全国大学連合が「公開講座・コーヒー学入門」を開催。「コーヒーを愛したヨーロッパの音楽家たち」と題した話をした。

当日は、広瀬幸雄金沢大学名誉教授の「コーヒーの科学」、地元のジャズトリオ「JAZZ・ミニコンサート」ありで、募集すぐに定員オーバーの締切りと好評だった。

10月3日(月) 「珈琲と文化」創刊100号記念で、初めて講演会を「(株)セラード珈琲」との共催で「ブラジル大使館のセミナールーム」にて開催した。

私の挨拶のあと、講演会は、セラード蜘排の山口カルロス彰男社長の「栽培品種のルーツと新たな品種改良」で、最新のブラジルコーヒー栽培の様子を、詳しく説明し、40名のコーヒー関係者と読者が熱心に聴講した。

終わったあとの懇親会もほとんどの方に参加いただき、ブラジル料理を堪能しながら、楽しい一時を過ごし、皆様から100号突破のお祝いの言葉を頂戴し、感無量であった。

10月12日(水)〜14日(金) 13日に開催された「日本コーヒー文化学会」の「大阪でコーヒーを楽しむ会」(阪急百貨店梅田店共催、ヒロコーヒー協力) を中心に出張。楽しむ会では、4年連続で、プロのアナウンサーの方と一緒に、司会・進行を担当した。
阪急うめだ本店 スタッフブログから転載

この大阪の楽しむ会では、JICA(国際協力機構)の協力で、毎年、生産国(6〜8カ国)の代表が来日し、生産者が直接、消費者の皆様と対話する貴重な会となっている。会場も広く、400名の参加であった。

■12日には、私の大学時代のゼミの恩師(故人)の著作集3巻目『文化社会学・人物論集』の最終打合せのため、京都の奥様と会う。この本は11月29日、出版することができた。

ちなみに第1巻は『知識社会学論集』、第2巻は『社会病理・心理学論集』である。

■11月、この本と、年2回・5月と11月に発行する「四季の珈琲」、それと、12月10日(土)の 「日本コーヒー文化学会年次集会」に合わせて出す紀要「コーヒー文化研究」23号の編集・制作が重なり、連日、深夜までの編集・校正が続いたが、すべて間に合い、ホッとした。そしてまた、本誌の編集も、ギリギリまでの作業である。
  ■2017年1月21日から毎週土曜日5回に渡り、「東京工業大学社会人アカデミー」にて、「コーヒーの科学」の公開講座が開講される。

募集人員30名、受講料3万856円(税込)。申込締切日は1月16日必着。継続して開講したいので、参加申込、もしくはお客様にお知らせください。

本講座の目的=おいしい「コーヒー」はどのようにできあがるのか。世界で消費される「コーヒー」をめぐって、生産から焙前・抽出の方法、さらには文化や健康など、さまざまな観点から、初めての方にもわかりやすく解説する。

講師----------------------
広瀬幸雄 (金沢大学名誉教授)
後藤 裕 (文部科学省基礎研究振興分析官)
星田宏司 (いなほ書房代表)
福島達男 (富士珈機代表)
浅野募之 (コーヒーインストラクター) 他。

内容---------------------
コーヒーのおいしさ(広瀬)
コーヒーの産地と流通(後藤)
コーヒーの文化史(星田)
コーヒーの焙煎理論(広瀬)

手綱倍煎・機械倍煎、抽出理論とカップテスト、コーヒーのグローバル化とイノベーション、コーヒーと健康、コーヒーとお菓子、コーヒーとアート、コーヒーのQ&A。修了証交付。

会場---------------------
東京工業大学田町キャンパス、他。

問合せ先
/東京工業大学社会人アカデミー事務局(03−3454−8722)

多数のご応募、ありがとうございました。
シアトル・カフェツアー 募集中>
4月20日〜24日に開催される「SCAA大会(アメリカスペシャルティコーヒー協会)に合わせて企画しました。

呼びかけ人(星田宏司・井谷善意・狭間寛・上吉原和典)。

内容はスターバックス大規模店見学、シアトルカフェ巡り、SCAA大会参加、オールドノリタケ研究博士の邸宅訪問(ティーパーティ)など。

参加費25万。問合せは、いなほ書房・星田(03−3209−7692)


珈琲と文化No.104号より転載
2016年秋号 No.103 編集室便り 
星田 宏司

■前号(102号)の本欄でも記した、「喫茶店の日」(4月13日)の根拠となった、日本人が初めて開設した喫茶店「可否茶館」記念会の集いは、鄭永慶が建てた店の跡地(元・下谷西黒門町、現・台東区上野1-1番地)に、記念碑を作ることを呼びかけ、その主だった仲間が開いているものである。
   2008年4月13日

■その設立者・鄭永慶と「可否茶館」については、私の著書『日本最初の喫茶店』(いなほ書房刊・1,500円)に詳しく書いてあるので、お読みいただきたいが、三洋電機が、その碑の建っていたビルを「オリックス(株)」に売却したため、やむをえず一時、(株)大和屋」(平湯正信社長)の好意で、同社の倉庫に大切に保管していただいていた。

■昨年来、いよいよ「オリックス」がビルを建設する中で、この記念碑の意義とその経緯を後世に残す文化的役割を認識され、再度、協同で新しいデザインの碑を建立しても良い、との英断を下してくださったのである。

■そして、10月1日に、ビルが正式にオープンする段階になり、9月12日(月)の設置日に、記念会幹事の私と上田氏(氏は、オリックスビルのすぐ近くで 「シャンズ・カフェ」を経営)が立会った。
■思い起こせば、「可否茶館」記念碑設立については、鄭家の縁者の方や喫茶店関係者の方々が、何度か願ったものの、途中で立ち消えになったことを、私も本を書くに当って聞いていたので、まさか、私の呼びかけに皆様が賛同して建てられるとは思ってもいなかったので、これも「時の運・人の縁」との言葉通りで、関係者の協力により建てられ、その碑については、新聞・テレビ・雑誌で何度も取り上げられている。
2011年8月10日 東京新聞を読む

■そして、このたびの設置で、半永久的に人々に見ていただけることは、大きな喜びです。読者の皆様にも、上野に来られた時に、オリックスビル玄関横の碑を、ぜひ一度、見て欲しいと思っています。
 2016年9月12日

多数のお申込み、ありがとうございました。

10月1日(土)
金沢大学の公開講座「コーヒー学入門」が、徳島の「コーヒーワークス」 (小原博社長)のご協力により開催。「コーヒーを愛したヨーロッパの音楽家」と題した話をします。

珈琲と文化No.103号より転載

多数のお申込み、ありがとうございました。
10月13日(木) 大阪の「阪急デパート」で、「日本コーヒー文化学会の楽しむ会」が開催されます。詳しくは、「ヒロコーヒー」迄。


2011年8月10日 東京新聞より転載

2016年 夏号 No.102 編集室便り
 星田 宏司

■ 4月2日(土)
本誌100号記念(創刊25周年)ということで、日頃「可否茶館記念会」「日本コーヒー文化学会」「ランブル関口一郎さんの誕生会」などで懇意にしていただいている仲間が、お祝いの会を開いてくれる。ありがたいことであり、楽しく、うれしい会であった。

100号記念に、奥山義人氏のコーヒー版画から、「珈琲と文化限定版画100部」を制作し、日頃お世話になっている会社や執筆者、1号からの読者に贈呈した。

4月13日(水)
「可否茶館」開店記念日(この目は「喫茶店」の日になっている)に当り、「可否茶館記念会」の集まりを、記念碑近くの幹事の上田美明さんの経営する「シャンズカフェ」(東京都千代田区外神田6116−9。03-5812-1186)で開催。

碑は現在、オリックスがビルを建設中なので、工事現場の外壁に、パネルを貼ってあるだけであるが、10月下旬には、元の位置に、ビルの建物に合わせたデザインでお目見えする。

5月19日(木)
大和屋の「クラシック珈琲」発表会に招かれて出席。音楽家とコーヒーの関わりについて(特にモーツアルトと珈琲)説明する。詳しくは、62頁参照
  5月26日(木)
「カフェ・ド・ランプル」の「関口一郎さんの誕生日を祝う会」を開催。今年は「小じんまりと」ということで、ランプルの店すぐ近くの「銀座天国」で、コーヒー関係者・パイプ関係者とで21名の集まり。

満102歳の関口さんには、当日、急に思い立ち色紙にサインを人数分書いていただいた。すると、関口さん、心よく、すらすらと21名分を書く姿に出席者も驚くばかり。週刊現代の編集者とカメラマンの出席もありめずらしく、皆での集合写真も撮影した。そのうち、週刊現代に、関口さんの記事が出るかも。

6月5日(日)
「日本コーヒー文化学会総会」に出席。学士会館の小ホール満員の盛況。

■標交紀氏の『苦味礼讃』売れ行き好調で、在庫が少なくなっています。お早めに、書店で注文を。

10月1日(土)
コーヒーの日に徳島で大学連合の「コーヒー学入門」開催。詳しくは「コーヒーワークス」 へ。

 






珈琲と文化No.102号より転載
このページのトップへ 
 日本経済新聞より転載
 
終了致しました。多数のご参加、ありがとうございました。
西宮で「コーヒー学入門」が開催される
全国大学連合の公開講座が「ヒロコーヒー」の協力で開催されます。
日時   4月15日(金) 12:45開場 13:30〜16:30
会場  「プレラホール」 西宮市高松町4-8プレラ にしのみや5F
内容 第一講座 「コーヒーの科学」13:35〜14:25(50分)
        金沢大学名誉教授 工学博士 広瀬 幸雄
第二講座 「コーヒーと健康」14:30〜15:20(50分)
       東京薬科大学名誉教授 岡 希太郎
休憩    コーヒーブレイク 15:20〜15:50(30分)
第三講座 シンポジウム「コーヒーのおいしい飲み方」
       15:50〜16:25(35分) 司会:金沢大学講師 星田 宏司
エンディング 閉会あいさつ 16:25〜16:30(5分)
       株式会社ヒロコーヒー 代表取締役 山本 光弘
 申込  ヒロコーヒーホームページ  及び店頭にて。
2016年10月2日更新 このページのトップへ
2016年 春号 No.101 編集室便り
 星田 宏司

1月10日(日)・11日(月)
日本コーヒー文化学会主催の「札幌でコーヒーを楽しむ会」と、全国大学連合主催の公開講座「コーヒー学入門」に、金沢大学名誉教授・広瀬幸雄先生と、東京薬科大学名誉教授・岡希太郎先生との三人で出向く。

私は「コーヒーのロマン」と題し、コーヒーの歴史と、バッハ、ベートーベン、シユーベルト、モーツァルトとコーヒーのロマンについて講義しました。

日本コーヒー文化学会は、コーヒー好きの方なら、一般の人、業者も含め、どなたでも会員になることができ、年に2回、東京の学士会館での全国集会、年3回の二ュース、年1回の学会誌「コーヒー文化研究」を発行。会費は一般5,000円、学生3,000円。4月から23年目に入り、ただ今、会員拡大にとり組んでいます。

「コーヒーを楽しむ会」は、この会のことを知ってもらうために開催するものであり、会場と人集めをお願いできれば、本部より講師を派遣いたします。入会案内書その他詳しくは、本部事務局 078-302-8880に問合せ下さい。

3月21日(祝日)
四国の丸亀市で「珈琲倶楽部」の大西さんを中心に 「丸亀でコーヒーを楽しむ会」が開かれ、各地から本部役員も多数参加し、楽しい一時を持つことができました。

  ●2月には、本文中にも掲載いたしましたが、東京吉祥寺の珈琲店「もか」店主・標交紀氏の 『苦味礼讃』(本体3,000円)を発行いたしました。

今から34年前に出版して、今や幻の本ともなっている珈琲豆本『苦味礼讃』に、講演録「∨IVAコーヒー人生」を増補した待望の書です。せひ本屋さんにご注文下さい。

●それにしても、本屋さんを含め本の売れ行きが良くないようで、大型書店の不渡り、それに伴なう取次店の倒産等の二ュースです。実質賃金、生活資金、コーヒーなど、文化や生活にうるおいを与える消費が増えることを願うのみですが、そのためにはいかに対処するか、考えたいものです。

●小社発行の「コーヒー本」を扱ってくれる喫茶店・珈琲専門店を募集中です。同じ本を5冊以上取扱っていただければ、卸値段でお頒けいたします。要問合せ

●今号から、表紙を「コーヒー切手」にしてみました。感想をお聞かせ下さい。
 

珈琲と文化No.101号より転載
定価 本体3,000円+税
2015年2月16日 第1刷 
著 者 関口一郎
発行者 星田宏司
発行社 株式会社いなほ書房
発行元 株式会社星雲社
 
珈琲の焙煎と抽出法 
             関口 一郎著

まえがき
本書を読まれる方へ
1.豆の厳選と焙煎で決まる味
2.生豆を生かすも殺すも焙煎次第
3.自家焙煎への道     
4.関口一郎の【自家焙煎店診断】
5.関口一郎の
      【コーヒー自家焙煎入門】
6.手ごわいスマトラを美しく焙く
7. 焙煎上達に近道なし    
8. コーヒーミルと抽出      
9. コーヒー豆とミルの開発    
10.おいしいコーヒーをたてるコツ
【付録】関口氏と襟立氏の
        抽出と焙煎の実際


定価 本体3,000円+税
2015年3月15日 第1刷 
著 者 関口一郎
発行者 星田宏司
発行社 株式会社いなほ書房
発行元 株式会社星雲社

煙草と珈琲
  -その伝播史-
              関口 一郎著
 このたび、私が永い間とり組んで許を取得した、微粉のでない小型の「グリッドミル」を完成、10月1日の「コーヒーの日」に発売しました。

 それに合わせ、永らく品切れになっておりました『煙草と珈琲』と 『コーヒー伝播史』を合本にし、新しく発売することにいたしました。 

 煙草と珈琲は、ほとんど同じ時期、同じように伝播したことを明らかにしたもので、煙草と珈琲、およびその文化の普及に、本書を役立てていただければ幸いです。
  2011年11月吉日

関口一郎 
 
煙草と珈琲 目次
1 タバコとコーヒーの発見
2 煙草と珈琲と健康
3 コーヒーの起源
4 コーヒー最初の栽培地
5 コーヒー、回教国に拡まる
6 飲用としてのコーヒーの始まり
7 近東風「コーヒー」の作り方
8 トルコ帝国の成立と東西交流
9 コーヒー最初の禁止令と
     コーヒー・ハウスの元祖
10 西欧人とタバコの接触
11 西欧のタバコ栽培競争
      愛煙家の拡がり
12タバコと嫌煙権
13 害の少ないパイプタバコ
14 タバコの思い出二題
15 コーヒーとタバコと文芸復興
16 コーヒー、タバコ、
    西欧諸国移入の年代表
珈琲伝播史 目次
1 珈琲発見の伝説
    カ〜ディー発見説
2 生で食べていた珈琲
3 火との出会い
4 一般の飲用、始まる
5 珈琲の飲用禁止令
6 ヨーロッパヘ紹介される
    コーヒーは異教徒の飲み物
   キリスト教徒に解禁
   ヨーロッパヘの流入
7 各地にコーヒー・ハウス
   トルコ・コーヒー
8 ヨーロッパのコーヒー・ハウス
   コーヒー・セレモニー
   各国のコーヒーハウスの開店
9 西欧諸国の珈琲樹移植時代
10 原始的な飲物から近代的な飲料へ
   参考資料
   あとがき
2017年10月2日更新
このページのトップへ